老化の多様性・恒常性を規定する    解糖系代謝・メタボライトの探索

老化の多様性と寿命の進化論的考察

なぜ老化(高齢者)は多様化するのか

現在(2014年)、日本は世界で唯一高齢化率25%を超えた国である(世界平均は8%)。しかしながら、グローバル高齢化により、2050年頃には多くの国が高齢化率25%を越え、世界平均も18%となる(WHO予測)。その頃、日本は40.5%超と予想され(平成23年高齢者社会白書)、「老化先進国」と呼ばれる所以である。「老化先進国」日本では、健康長寿者増加の一方、寝たきり・フレイルの増加という、「高齢者(老化)の多極化・多様化」が観察される。「老化の多様性」は、臨床、基礎研究分野にとどまらず、社会・経済にも大きく影響し、社会全体の適切な構造変革を必要とし始めている。もはや、時間軸だけで「老化」を定義することは、現状に合わない(「高齢者の再定義」2017年日本老年医学会提言)。

「老化の多様性」を議論する一助として、近藤は「寿命の進化論的考察」を提唱している(近藤祥司「老化という生存戦略 ~進化におけるトレードオフ」日本評論社)。人類は約600万年前にサルから進化し、その頃のヒトの寿命は、サルとほぼ同様の20歳前後と想定される。一方、1900年頃の先進国でのヒト平均寿命は40-50歳である。よってこの600万年の過程で人類は、20-30年程度寿命延長に成功したと考えられる。この間、進化上獲得された生理的恒常性が、人類の寿命延長に貢献したと推定される。しかし、100年後の21世紀では、日本を含む先進国の平均寿命は75-80歳程度であり、さらなる20-30年の寿命延長に成功したと考えられる。この爆発的な寿命延長の原因は、環境因子改善が多くを占める。
このような進化論的考察より、ヒトの寿命は「50歳以降は遺伝的にプログラムされていない」という仮説が生まれたと推測される。実際に、前者の50歳までに正に働いた獲得形質が、50歳以降で負に働く現象が多く報告されており、「老化は進化とのトレードオフ」の結果とも考えられるようになった。

もし「老化は進化のトレードオフ」なら、高齢者は若年時(或いは人類進化時)の生理的恒常性とは別の生存戦略を獲得しなければ、健康維持できない可能性がある。便宜上、それを「老化恒常性」と近藤は呼ぶ。「老化恒常性」は、若年者の持つ生存のための基本的「生理的恒常性」(血糖値や血圧維持など)とは異なり、各個体内の老化の程度・種類とのバランスの中で絶妙の着地点として形成されているのであろう。以上のような進化論的考察を深めた結論として、「老化」したときに初めて顕在化する「恒常性」の存在を、我々は意識せざるをえない時代に突入した。その解明こそが、21世紀エイジング研究の使命でもある。

京大病院高齢者医療ユニット・地域ネットワーク医療部
近藤 祥司
老化とアンチエイジング研究室

Topics

第2回日本老年医学会老化および老年医学研究助成受賞

2017年6月15日 日本老年医学会 名古屋にて

(2017年08月06日)
基礎老化学会第38回秋のシンポ10月14日京大シラン会館にて

事務局は、近藤ラボが担当しています。懇親会参加希望などは、メールでコンタクトください。 最新版ポスター

(2017年08月06日)
日仏老化ワークショップ2016(京都)無事終了

10/31~11/2の3日間の日仏老化ワークショップが無事終了しました。 白熱した議論とともに参加者のご協力に […]

(2016年12月13日)
ヒト血液メタボロームによる14個の老化マーカーの同定

上記の我々の発見が、2016PNASに発表されました。 Romanas Chaleckis, Itsuo Mu […]

(2016年06月29日)
近藤祥司監訳「老化生物学」発刊。2015年8月25日予定

原著“Biology of Aging”(Roger B. McDonald著,Garland Science […]

(2015年08月17日)